久しぶりのお祭り


久しぶりに日記を書きます。久しぶりにお祭りに参加しました。

50戸くらいの小さな集落のお祭りは、七夕に行われます。規模は全然違いますが、京都でこの時季行われるお祭りと同じく「祇園祭」と呼ばれています。毎年雨が降るんですが、今年も日中は降っていて、残念と思っていたら、夕方近くにはやみました。無事に御神輿わっしょい。

この御神輿がけっこう荒々しくて、酔っぱらった若い衆と、小学生くらいの子ども達が、御神輿挟んで綱引きするように進んで行きます。村の端の神社から、もう一方の端のお寺まで、間に上り坂下り坂を挟んで行きつ戻りつ、最終的には無事子どもらが勝ってお寺に着くのですが、何度か大人に引っぱり返されて、そのときに誰か必ず転んで膝を真っ赤に染めることになります。痛いし悔しいしで、大人を憎む瞬間。

と、私の記憶だと、けっこうハードな御神輿担ぎだったのですが、久しぶりに見る御神輿は、さらっと目の前を通り過ぎていきました。みんな笑って負傷者もいないもよう。あれれ?

私の記憶が過剰に脚色されてしまったのか、時代が変わって、あまり手荒なことは出来なくなったのか。わかりませんが、別に寂しいということはなく、お祭りはやっぱり心が弾むものでした。

2013年07月11日 | カテゴリー:新潟 | この記事のパーマリンク