秋の

2ヶ月以上もこの日記を放置してしまいました…。まったく私はちゃんとしていない!暑い時季は、どうしてもぬかぽんやとしてはちんと静かにしていることになるのですが、今年の夏も同様でした。長い長い夏でした…。でもようやく秋。今日の部屋に差す西日はすごく秋らしいです。

わたくし瀧澤の事情によるのですが、ぬかぽんの製造を新潟から京都に移すべく動いております。とはいえ、これからも材料含め新潟のお世話になることは多いと思います。新潟はそろそろ稲刈りの季節。

京都の稲刈りはもう少し先の10月半ば過ぎだそうです。東京に居た頃にも不思議に思っていましたが、新潟よりも温かい関東や関西なのに、どうして稲刈りは遅いのだろう?田植えは確か早いはずなのに。これはいまだに謎なことです。

どこに行っても嬉しいことに農家さんとご縁があって、今は伏見の農家さんにいろいろとお世話になっています。私は今は京都市の北の方にいるのですが、伏見は南側。同じ市内でもけっこう雰囲気が違います。びっくりするくらい畑や田んぼがあります。私は伏見に行くといつもにやにやします。植わっている野菜や稲を見たり、農機具を積んだ軽トラックやノーヘルに長靴のスクーターのおじさんとかを見ると嬉しくなってきます。三つ子の魂百まで、じゃないけど、安心したり嬉しくなるものは、小さい頃に見たり身近にあったものだったりして、それは簡単には変わらないんだなーと思います。

そろそろひやっと感じるようになってきて、ぬかぽんもいつものお店さんにちらちら登場し始めています。今週からは福岡のMIZ:UYA みずやさんでのお取り扱いも始まりました。今年の秋冬もどうぞよろしくお願いいたします。

2011年09月22日 | カテゴリー:はつめ舎日記, 新潟京都 | この記事のパーマリンク