新鮮!…

近頃ぬかぽんをご購入されたみなさまへ…

10月に稲刈りが済み、はつめ舎では今年の新米&新ぬかを使ったぬかぽんをお届けいたしております。お米もぬかも新鮮新鮮!元気が良すぎて、ビニル袋に入れてレンジ加熱すると、水蒸気が出過ぎて濡れちゃった、というお声をいただきました。ありゃりゃそんなこともあるんだねー。

「しっとりあったか」が信条のぬかぽんですから、水蒸気がでるのは望ましいことなのですが、もしか「これは出過ぎだぞ!」という時は、いっときビニル袋に入れずに加熱をしてみてください。ちょうどよい塩梅のしっとり感を得られます。ただし、この水蒸気過多な状態は、使う程に落ち着いてきますから、しばらくしたら袋に入れて加熱するようにしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

あ、蒸し器加熱の方はいつでも袋に入れて温めてくださいね!そうしないと器内の水でびちゃびちゃであります。「蒸し器から出し入れする際に、鍋の『へり』にビニル袋があたって穴があいた」ということがあるようですが、これを防ぐために、『ぬかぽんを入れたビニル袋をタオルでくるむ』というのがいいのではないかと思いました。蒸し器を使う時って、鍋と蓋の間に布巾を入れますから、その布巾でくるんでしまってもいいかと思います。

まーあ手のかかる子ですが、どうぞよろしくお願いいたします!

(余談)津南あたりでは濡れちゃったときの様子を「ぐわっちゃぐわちゃ」というような音?で表現します。実は「びちゃびちゃ」とかはあんまり言いませんです。こういう「音」を字で表すのはけっこう難しいもんですね。

2010年11月22日 | カテゴリー:ぬかぽん | この記事のパーマリンク

座禅です

2日に渡ってたくさん座禅をする機会がありました。朝に晩に、15分くらいを2回行いました。始めの15分と、次の15分は違います。だいたい始めの方はいらんことが次々浮かんでいるうちに終了。2回めはするっと静かな気持ちになれることが多かったです。私は呼吸に意識を向けるようにしていたのですが「ああ、息ってこんなに長く吸えるんだ吐けるんだー」と驚きました。終わると、なんでかよく寝て気持ちよく目が覚めた朝のような気分でした。

小学生の頃、夏休みのうちの1週間、お寺さんで朝の6時から座禅をしました(させられました)。眠い、退屈、足が痺れる、あげくパシッと叩かれる…なんにもよい思い出はありませんんでしたが、大人になったら、ちょっと楽しく感じる座禅でした。

そのときに教えていただいた簡単にあったかくなる方法。息を吸ったら吐かずに我慢!顔が赤くなるくらいまで堪えたらはーっと!!これを数回繰り返せば、ぽかぽか暖かくなっちゃう。なんて簡単!

2010年11月18日 | カテゴリー:からだ | この記事のパーマリンク

目と後頭部

目の疲れにおすすめの使い方です。

目が疲れたときに、ぬかぽんを目にあてるのはぱっと思いつきます。気持ちいいですよねー。私がおすすめするのは、同時に後頭部にあてる法。お手持ちのぬかぽんがひとつの場合、まず目にあてて、その次に後頭部でもいいと思います。2カ所温めると、とても緩みます。私など視力が良くなったような気がするくらい。

足湯をしながら目や後頭部を温めるのもいいそうです。そして緩んだら、その後しばらくは目を酷使せず休ませてあげる。てことはおやすみなさいの前がいちばんいいのかな?蒸しタオルと違って、あてたまま眠ってしまってタオルでお布団が濡れる心配がないのも、ぬかぽんのいいところです。

2010年11月05日 | カテゴリー:ぬかぽん | この記事のパーマリンク