ぬかぽんについての疑問にお答えします

日曜日は、地元十日町で手づくり市が行われました。たのしかった!はじめての開催ということで、主催の方々はいろいろと大変だったと思います。なんというか、主催されているひとたちの気持ちが伝わってくるような、あたたかみのある催しでした。ひとはたくさんいるけど、なんとなくぽわんとしていて、ぬかぽんの出店場所は午後から太陽があたって、うーんひるねはできないけど、そんな気分もまたよし。

ところで、ぬかぽんはぱっと見てなんだかよく分からないものです。だから見ていただいた方へは説明をさせていただきます。その際に、必ずといっていいほど尋ねられることがあります。今日はそんなご質問のいくつかにお答えします。「ぬかぽんてなんだべ?」は、ぬかぽんホームページ上の「ぬかぽん?」をご覧ください。

どのくらいの時間あたたかさが続くのですか?
A 
あたたかさの持続時間はサイズによります。例えばレギュラーサイズの場合、一度の加熱で、緩やかに温度を下げながらだいたい30〜40分あたたかさが続きます。ただし、この時間はあくまでも目安です。外気温が低ければ早く冷たくなり、逆にゆたんぽのようにして使われる場合は、布団でふたをするような具合になりますので、数時間は体温程度のあたたかさは保てます。また使用回数が多くなるにつれて、あたたかさの保持時間は短くなっていきます。

Q 
どのくらいの回数(あるいは期間)使えるのですか?
A 
これははっきりとはお答えできないご質問でして「一日一回くらい使用される場合、同梱の使い方をちゃんと守っていただければ、1〜2年はお使いいただけます。」とお答えすることにしています。でもこれもあくまで目安です。
治療の現場などで、一日に何度も加熱される場合は、もっと短い期間で使えなくなることもあるでしょうし、2年たったらはい、もう使えませんというわけでもありません。「なかみがごろごろと塊になってきた、焦げ臭くなってきた、加熱してもすぐに冷めてしまう」という状態が、一応の交換の目安です。

Q 
なかみが米やぬかってことだけど、虫やカビの心配は?
A 
ぬかぽんのなかみはすべて食べることができるものです。当然虫やカビの心配はあります!特に夏場は、お米につく虫、そして布の表面にカビが発生する可能性がありますので、暑い時期お使いにならないという方へは、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保管していただくようにお願いしています。ちなみに夏場でも毎日使うわ!という場合は、定期的に熱が加えられるということですので、虫やカビの心配はあまりありません。ちなみに、夏の冷えは秋冬のからだに影響を与えます。夏場こそ、冷えたら温めるようにしたいものですね。

以上がぬかぽん3大質問へのお答えです。みなさんの「?ぬかぽん?」が少しでも解消できたら嬉しいのですが・・・。

2009年11月13日 | カテゴリー:ぬかぽん | この記事のパーマリンク