ぬかぽんが新しくなりました


ぬかぽんのウェブサイトでもお知らせしましたが、本日よりぬかぽんに新しい仲間が加わります。
今まではダブルガーゼの布を使っていましたが、新しく綿麻の布を使ったものを作ってみました。麻が入っているとはいえ、とても柔らかな布地です。渋めの色柄ですので、女性だけでなく男性も持っていて照れないぬかぽんだと思います。
詳しくはこちらをご覧ください。

今年の夏の新潟県津南町は暑さよりも雨が印象に残りました。「げに(いっぱい)降るな〜」という日が多くありました。

八月の末にすっと温度が下がったら、急に秋がやってきました。今は早くも五百万石という酒米の稲刈りが始まっています。
続いてコシヒカリ、餅米という順番で刈っていきます。五月に田植えをしてから、まだほんのちょっとしか経っていないのに、数センチだった稲はもう1メートル近い長さになっています。

稲刈りが済めば農家は冬に向けてお休みモードになっていきますが、ぬかぽんはこれからが本番です。今年も農家のおばちゃん、おばあちゃん達の空いた手を借りながら、みなさんに喜んでいただけるようなものを大切に作っていきたいと思います。

2013年09月05日 | カテゴリー:ぬかぽん, はつめ舎日記 | この記事のパーマリンク

夏場の保管についてお願いいたします

祇園祭の宵山に向かってぐんぐん暑くなる京都です。今年は昨年と比べて雨が多く湿度も高い気がします。

暑さ+湿気はぬかぽんにとってよくありません。これから秋まで使用されないという方は冷暗所、出来れば冷蔵冷凍庫で保管していただきますよう、よろしくお願いいたします。本来温めるための道具ですが、この時季は冷蔵庫冷凍庫でひんやりしたものを使われるのもよいですよ。

詳しくはこちらをご覧ください→夏場のぬかぽんの保管方法 夏のぬかぽんの活用法

今日は大丸前で鉾をいくつか見てきました。雨よけのシートが残念。14日からの宵山に行く気合いは今年もないんだろうなあ。

2012年07月13日 | カテゴリー:ぬかぽん, はつめ舎日記 | この記事のパーマリンク

みなさま今年もよろしくお願いいたします

みなさまどんなお正月でしたか?

私は今年、生まれてはじめてお節重(2段)をお年玉にいただきました。エビやらタイやらなんやらかんやら豪華絢爛お節重。母の作る正月ご馳走しか食べたことのなかった私には目にも新しい品々でした。

三が日も明けて、いよいよ寒さ本番、今日の京都は雪の舞う空。新潟はどっかりと降り積もっている様子です。風邪など引かれずに、どうぞお元気に新しい一年をお過ごしください。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012年01月04日 | カテゴリー:ぬかぽん, はつめ舎日記 | この記事のパーマリンク