秋の

2ヶ月以上もこの日記を放置してしまいました…。まったく私はちゃんとしていない!暑い時季は、どうしてもぬかぽんやとしてはちんと静かにしていることになるのですが、今年の夏も同様でした。長い長い夏でした…。でもようやく秋。今日の部屋に差す西日はすごく秋らしいです。

わたくし瀧澤の事情によるのですが、ぬかぽんの製造を新潟から京都に移すべく動いております。とはいえ、これからも材料含め新潟のお世話になることは多いと思います。新潟はそろそろ稲刈りの季節。

京都の稲刈りはもう少し先の10月半ば過ぎだそうです。東京に居た頃にも不思議に思っていましたが、新潟よりも温かい関東や関西なのに、どうして稲刈りは遅いのだろう?田植えは確か早いはずなのに。これはいまだに謎なことです。

どこに行っても嬉しいことに農家さんとご縁があって、今は伏見の農家さんにいろいろとお世話になっています。私は今は京都市の北の方にいるのですが、伏見は南側。同じ市内でもけっこう雰囲気が違います。びっくりするくらい畑や田んぼがあります。私は伏見に行くといつもにやにやします。植わっている野菜や稲を見たり、農機具を積んだ軽トラックやノーヘルに長靴のスクーターのおじさんとかを見ると嬉しくなってきます。三つ子の魂百まで、じゃないけど、安心したり嬉しくなるものは、小さい頃に見たり身近にあったものだったりして、それは簡単には変わらないんだなーと思います。

そろそろひやっと感じるようになってきて、ぬかぽんもいつものお店さんにちらちら登場し始めています。今週からは福岡のMIZ:UYA みずやさんでのお取り扱いも始まりました。今年の秋冬もどうぞよろしくお願いいたします。

2011年09月22日 | カテゴリー:はつめ舎日記, 新潟京都 | この記事のパーマリンク

今年の新米日

今日の午前中、いつものように布を測ったり切ったりしていたら「たきざわさーん」とヤマトのお兄ちゃん。手には重そうに『魚沼産コシヒカリ20kg』の文字が書かれた白い箱!来たよ来たよ新米ですよ!そわそわして、作業がはかどらない。ならばええい!と炊いて握って、せっかくのお天気なので、鴨川までひとっ走り。トイプードルの横で白飯握りを頬張った秋の昼でした。

午後は日頃お世話になっているあの方この方へ「新米ですよー」とお届けし、気がつけば夕方…。あちゃ今日の予定大崩れ、とちょっと反省。しかしタイミングよく?明日は雨。今日の遅れは明日取り戻す!と誰にともなくいい訳しながら、しかしやっぱ新米は美味いわ!美しいわ!と食べ過ぎな秋の夜でした。

2010年10月08日 | カテゴリー:新潟京都 | この記事のパーマリンク

にいがたーきょうと

この前書いた文章からはや4ヶ月。はつめのブログ担当瀧澤がなにをしていたかというと、新潟を離れて京都にいるのです。ばたばたとした毎日で、ブログがおろそかになってしまった数ヶ月でありました。瀧澤は今ちょっと京都にいますが、ご心配なく、はつめ舎は新潟にあります。はつめンバーは現在4人。今日も津南のお米とぬかを使ってせっせとぬかぽんはつくられています。 

今日は、わたしが生まれ育った集落のお祭りです。60戸ほどの、ほんとうに小さな村ですが、がんばって毎年花火もあげる。お祭りの日は、学校から帰ってすぐ、まだ夕方にならない明るい時間にお風呂に入るんでした。西日さんさん明るいお風呂場は、あんまりなじみがなくてちょっと変な気分でした。

わが村のお神輿はちょっと変わっていて、お神輿を真ん中にして縄が2本。これを酔っぱらった大人対子どもたちが、綱引きよろしく引っ張りあうのです。神社さんを出発し、うんうんがんばってゴール(お寺さん)に少し近づいたと思ったら、大人たちは、それを一瞬で引き戻してしまうのです。大人、憎たらしかったな〜。今はその大人なんだもんな〜。なんだかな、であります。

梅雨時季のお祭りでしたから、毎年雨に降られた記憶があります。今日の大井平も雨だったのかな。今日の京都は昼過ぎにものすごい雨が降りました。ラッキーなことに、屋根つき商店街にいたので、やむまでしばらく雨を眺めていました。京都はほんとによく雨が降るなーというのが、梅雨といってもあまり雨の降らない土地に育った人間の感想です。

2010年07月07日 | カテゴリー:新潟京都 | この記事のパーマリンク