あけましておめでとうございます

2017年明けましておめでとうございます。

豪雪地帯津南にしては珍しく、雪の降らない素晴らしいお正月でした。このままで〜とはいかず、今日は大雪注意報が出ています。

お隣の十日町市では、1月10、15、20、25日に節季市が行われます。もともとは、農家さんが作った藁靴や菅傘などを町の人達に販売するための市だったようですが、今はそれだけではなく「チンコロ市」として有名です。チンコロはお米の粉で作った犬や干支の人形です。乾くとひび割れ壊れますが、ひび割れの数が多いほど縁起がよいとも言われます。昨年ちょっとだけ作るののお手伝いをしましたが、パーツが細かくて、2時間程度ですごく肩が凝りました。

にんじんジュースのはらんなかさんが毎年節季市で焼き芋を販売されます。今年は焼き芋焼き機の上でぬかぽん温めたぬかぽんも販売してくださるそうです。

写真ははらんなかの奥さん綾子さんです。暮れに手打ち蕎麦を作っていただきました。農家にお豆腐作り、お菓子作り。そして蕎麦まで打てる多彩な綾子さんは、おしゃべりしながらぱぱぱーっと蕎麦を打ってしまいました。美味しかったです。

2017年01月05日 | カテゴリー:はつめ舎日記, 新潟 | この記事のパーマリンク

年中行事


今年も田植えの季節です。重労働で辛いので、毎年「やだなー」と気が重いのですが、今年はそうでもなかった!と喜んでしたら翌日翌々日に疲れがどっと出ました。これが年を取るということなんでしょうか…。

田植えを終えた田んぼは水がなみなみ、太陽を反射してきらきらととてもきれいです。

2015年06月01日 | カテゴリー:はつめ舎日記, 新潟 | この記事のパーマリンク

久しぶりのお祭り


久しぶりに日記を書きます。久しぶりにお祭りに参加しました。

50戸くらいの小さな集落のお祭りは、七夕に行われます。規模は全然違いますが、京都でこの時季行われるお祭りと同じく「祇園祭」と呼ばれています。毎年雨が降るんですが、今年も日中は降っていて、残念と思っていたら、夕方近くにはやみました。無事に御神輿わっしょい。

この御神輿がけっこう荒々しくて、酔っぱらった若い衆と、小学生くらいの子ども達が、御神輿挟んで綱引きするように進んで行きます。村の端の神社から、もう一方の端のお寺まで、間に上り坂下り坂を挟んで行きつ戻りつ、最終的には無事子どもらが勝ってお寺に着くのですが、何度か大人に引っぱり返されて、そのときに誰か必ず転んで膝を真っ赤に染めることになります。痛いし悔しいしで、大人を憎む瞬間。

と、私の記憶だと、けっこうハードな御神輿担ぎだったのですが、久しぶりに見る御神輿は、さらっと目の前を通り過ぎていきました。みんな笑って負傷者もいないもよう。あれれ?

私の記憶が過剰に脚色されてしまったのか、時代が変わって、あまり手荒なことは出来なくなったのか。わかりませんが、別に寂しいということはなく、お祭りはやっぱり心が弾むものでした。

2013年07月11日 | カテゴリー:新潟 | この記事のパーマリンク