裸足

少し前に「夏でも靴下、裸足になるなんてもってのほか!」というようなことを書きましたが、今、週に一回裸足で過ごす機会があります。それはフラダンス。友達にそそのかされて?始めてまだたったの4ヶ月。毎週すごく楽しみな時間です。

冬場は「冷えるな」と感じることもありましたが、今はもうそんなこともなく。裸足で立ってステップを踏んでいると、気持ちよいのと同時に、私は足首が硬いな〜とか、右足に重心がかかっちゃうとよろけるんだな〜とか、内股筋肉ない!とか。靴を履いて立っているときよりも「あー」と気づくことが多いように思います。

見るは簡単、でもやってみるとむつかしい!そしてけっこうな運動量です。先週末山登りをしたときにはならなかった筋肉痛に、フラの後にはなってしっまったり。踊りはダントツ劣等生なので、せめて笑顔だけはと頑張ったら、顔まで筋肉痛に。それにしても楽しいフラ。もっと上手になりたくて練習に励みます。「ダンスなんてとんでもない!」だった私をそそのかしてくれた友達に感謝です。

2011年05月25日 | カテゴリー:からだ, はつめ舎日記 | この記事のパーマリンク

座禅です

2日に渡ってたくさん座禅をする機会がありました。朝に晩に、15分くらいを2回行いました。始めの15分と、次の15分は違います。だいたい始めの方はいらんことが次々浮かんでいるうちに終了。2回めはするっと静かな気持ちになれることが多かったです。私は呼吸に意識を向けるようにしていたのですが「ああ、息ってこんなに長く吸えるんだ吐けるんだー」と驚きました。終わると、なんでかよく寝て気持ちよく目が覚めた朝のような気分でした。

小学生の頃、夏休みのうちの1週間、お寺さんで朝の6時から座禅をしました(させられました)。眠い、退屈、足が痺れる、あげくパシッと叩かれる…なんにもよい思い出はありませんんでしたが、大人になったら、ちょっと楽しく感じる座禅でした。

そのときに教えていただいた簡単にあったかくなる方法。息を吸ったら吐かずに我慢!顔が赤くなるくらいまで堪えたらはーっと!!これを数回繰り返せば、ぽかぽか暖かくなっちゃう。なんて簡単!

2010年11月18日 | カテゴリー:からだ | この記事のパーマリンク

逆立ち!

疲れたら逆立ちです!特にコンピューターやミシンなど、同じ姿勢でかちまってしまっているような時によくやります。お腹がいっぱいのときは控えます。

逆立ちと言っても、腕と手で身体を支えるのではなく、仰向けに寝て、足先を天井に向けて上げていくもの。上体も床から浮かせられる限り浮かせます。私は続けるうちに、背中半分くらいまで上げられるようになりました。手を腰のあたりにあてて支えると安定します。これでしばらくじーっとしている。このじっーと、続けるうちに長く保てるようになります。脚を下げる時はゆっくりゆっくりと。東城百合子さん著『自然療法』では、正しい逆立ちのやり方から効用について、詳しく説明されています。肩こりや腰痛などの肉体的な疲労が楽になるのはもちろんのこと、私の場合、気持ちが急いているときなどに逆立ちをすると落ち着きます。それから、足がぽかぽかしてきます。

大好きなオタール・イオセリアーニ監督の映画『ここに幸あり』では、主人公のヴァンサンが何かっていうと逆立ちをしていました。「あわあわしたら逆立ち」は万国共通なのかな?

どこでもできないのが唯一の難点ですが…。まずはお家で!お試しください。

2010年10月02日 | カテゴリー:からだ | この記事のパーマリンク