裸足

少し前に「夏でも靴下、裸足になるなんてもってのほか!」というようなことを書きましたが、今、週に一回裸足で過ごす機会があります。それはフラダンス。友達にそそのかされて?始めてまだたったの4ヶ月。毎週すごく楽しみな時間です。

冬場は「冷えるな」と感じることもありましたが、今はもうそんなこともなく。裸足で立ってステップを踏んでいると、気持ちよいのと同時に、私は足首が硬いな〜とか、右足に重心がかかっちゃうとよろけるんだな〜とか、内股筋肉ない!とか。靴を履いて立っているときよりも「あー」と気づくことが多いように思います。

見るは簡単、でもやってみるとむつかしい!そしてけっこうな運動量です。先週末山登りをしたときにはならなかった筋肉痛に、フラの後にはなってしっまったり。踊りはダントツ劣等生なので、せめて笑顔だけはと頑張ったら、顔まで筋肉痛に。それにしても楽しいフラ。もっと上手になりたくて練習に励みます。「ダンスなんてとんでもない!」だった私をそそのかしてくれた友達に感謝です。

2011年05月25日 | カテゴリー:からだ, はつめ舎日記 | この記事のパーマリンク