お水をいただきます

京都では神社さんなどいろんなところで湧き水がいただけます。有名なところもあるようですが、日々使うものは近い所からいただくのがいちばん。春の頃は裏の大文字山の登山口近くにある水場からお水をいただいていましたが、夏くらいからはこれまた近くの北白川天神社さんでお水をいただくべく、週に2、3回自転車のカゴにペットボトルを満載してえっちらおっちら走っています。

神社さんの鳥居をくぐると、すーっといい気持ちになります。まずはその場でごくごく、その後はせっせと水詰め作業。蛇口からじゃーというのに比べたら手間のかかることですが、とてもいい気分転換にもなります。そして手間をかけるだけの価値のある美味しさ。今年の夏は本当に本当に暑くて蛇口からは水ではなくてお湯が出る、そして食欲もがっくりと落ちていましたが、汲んだお水だけはいくらでも飲めた。なんだかお水のおかげで乗り越えられたような気がします。

ちなみに北白川天神社さんは病気平癒、健康長寿の神様が祀られていて、お水も病気平癒によいとされているそうです。

2010年10月30日 | カテゴリー:京都 | この記事のパーマリンク