夏のぬかぽんの活用法

紙のお便り「はつメイル」と共に、暑い時期にお渡ししている「夏の活用法」からの抜粋です。

夏は、暑さと冷えとのたたかい。冷房を使わずに「暑い暑い」と汗をだらだら流しているようなひとの方が元気だったりして…。夏は副交感神経優位→からだが開いている状態ですから、ここに冷えが入ると、防御されることなく、スコーンと奥まで入り込んで、思わぬ体調の乱れを引き起こしたりします。夏をなんとか乗り切れても、秋冬に風邪をひきっぱなしになってしまったり。冷えはその日のうちにケア!であります。

・冷たいものをたくさんとった後、お腹をさわると、他よりも冷たい場所があります。ひやっとしたら、そこを5分でもいいので温めてあげる。[ご参考までに…胃(おへそよりも上)、肝臓(右ろっ骨下)、婦人科系統(下腹部)]

・腎臓というのは、だいたい背中側のウエストライン背骨の両側に手をあてたあたりなんですが、腎臓は冷えにものすご く弱いと言われています。背中から冷房の風を受けたときなど、けっこうなダメージを受けているはず。ここも数分でよいので温めてあげると楽です。

・足が重だるいときなどは、土踏まずや内くるぶしを温めます。夏でも足だけはひゃっこいわいという方は、夏でも足湯 や靴下を。靴下は履きたくない、というときは、レッグウォーマーなどで、足首を保護するでけでもずいぶん違うそうです。

・これは私だけかもしれませんが、冷房の中にいると、首がばきばきにかたくなります。ひどいと頭痛がでることも。こ んなとき、自分のからだを観察してみると、足首がもったりむくんで、首同様にかたくなっています。ぬかぽんで、の 前に、お風呂の中でしっかりと足首まわりをもんだり、ぐるぐる回したり。その後、首を傾けると、ばきーっと音がす るので「あーゆるんでるんだろな」と思います。あんまり首をばきばきいわすのはよくないんですよね。。。反省。

そうそう、夏はお風呂の湯船を敬遠しがちですが、ちゃんと入ったほうがいいよー。入浴後にどっさりでる汗は、冷房で引っ込めてしまっては元も子もない。出きるまででたら、すっと止まります。拭いたり着替えたりしたら、すごくさっぱりしますよ。

とはいえ暑いですから。。。ぬかぽんでなくても、お風呂や、汗の始末など、毎日のちょっとしたことから冷えは防げると思います。みなさんの「楽な冷えとり」を楽しんでください。

2010年07月27日 | カテゴリー:ぬかぽん | この記事のパーマリンク