うちの相方

はつめ舎のメンバーは現在4名。おふたりは私の母親の世代の方。農家のお母さん!今はおふたり共稲刈り真っ最中です。おふたりと私と、もうひとりるわけですが、彼女は高校の頃からの友人です。大学受験勉強の時に、一緒に町の小さな図書館で勉強した中です。その後彼女は町に居続け、私は長いこと町を離れていました。長いこと会うことがありませんでしたが、2年程前に再会し、いつの間にか私のやっていることに巻き込み…。彼女なくして、今のはつめ舎は考えられません。

3人のお母さんでして、すごーく大人です。私がきいきい言っていると「まあまあ」とたしなめてくれる。私がぴいぴい泣いていると「だいじょぶかー?」と慰めてくれる。子どもがもうひとり増えちゃったんだなー、とよく思います。

ひとりでやっていた時は、それを当たり前と思って、特に大変とも思いませんでしたが、仲間ができたら、なんというか、気持ちがぜんぜん違います。自分に何かあっても取りあえず彼女がいるという安心感と、仲間がいるからしっかりせんといかん!という気持ち。とはいえ相変わらずあまりしっかりしてませんですけれども…。

この間、お店の方とはなしている時に、彼女のことを「相方」呼んでいて、ああなるほど、相方ってぴったりな呼び方。彼女にも「相方」って呼んでもらえるようになりたいなーと思ったしだいです。

2010年09月29日 | カテゴリー:新潟 | この記事のパーマリンク